<< 今年は卒業式が日吉じゃなさそう? | main | 卒業試験後の事務局への連絡 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.07.14 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    卒業試験 当日

    0

      昨日、卒業試験を受けてきました。

       

      【卒業試験直前】

      卒業試験は午後2時からでしたが、大学には、11時には着きました。

      縁起かつぎもあって、山食でいつものとおりカツカレーとたまごサラダを食べて、

      準備万全です。

      会社でも昼休みに15分ぐらいの昼寝をしているのですが、同じぐらいの時間に昼飯を食べて、

      図書館で同じぐらいの時間に15分の昼寝をしました。いつもどおりの感じです。

      卒業試験直前は、図書館で資料を読み返したり、卒業試験の想定問答を考えたりしていました。

       

      【卒業試験待ち合わせ】

      試験日が土曜日だったため、研究室棟のソファーで待つようにという指示がありました。

      15分前には待ち合わせ場所に行くようにかいてありました。

      15分間待っていましたが、ぎりぎりまで大学職員らしき人からの声掛けもなかったです。

      少し不安になりかけた頃、卒業試験の開始時間のギリギリになって、主査の先生が直接

      待ち合わせ場所に来られました。

       

      直接、主査の先生が来られるとは思っていませんでした。

      そのまま、歩いてすぐの研究室棟内の小さな会議室まで案内されました。

      会議室といっても、小さな応接コーナーぐらいな感じの低い机とソファーぽいものがある部屋でした。

      思ったよりも狭い部屋で卒業試験ってやるのかと思いました。

       

      部屋に入ると副査の先生を紹介されました。

      副査の先生は、家族法の専門の方でした。

      前回の卒論指導の時には、主査の先生から「副査の先生は民法系の先生になる可能性が高い」

      と言われて、アドバイスどおりの想定問答を考えていたのですが、

      家族法ということもあり、少し、想定していたのと違いました。

       

       

      【卒業試験】

      卒業試験では、卒論の内容を口頭で10分程度で説明することになっています。

      トータルの時間は30分程度です。

       

      事前に卒業試験用に10枚程度にまとめたパワーポイントの資料を作成しておきました。

      10分ぐらいなので、10枚程度までにしました。

      法律系だから仕方がないですが、字が多くなっちゃいました。

      他の方のブログを見てると、パワポの資料をまとめたという人もいて、参考にしました。

       

      パソコンを持ち込んで、プロジェクタで表示して、、、と少しは考えたのですが、

      パワポの資料を印刷しておいてよかったです。部屋が狭くて、そんな環境じゃなかったです。

      以前の大学の卒論発表の時は、卒業試験ではなく、卒論発表だったので、プレゼンも評価の対象になっていました。

      ただ、当時は、OHPを使って、発表でした。今みたいにパワポが主流じゃなかったです。

      でも、Windows系を使わない研究室だったら、今もひょっとして、OHPとかを使っていたりするのでしょうか?

       

      パワポの資料をベースに説明を始めたのですが、1字1句まで、発表原稿を考えていたわけではなかったので、

      時々、ちょっと説明が詰まる箇所がありましたが、主査の先生からのフォローもあり、説明が終わりました。

       

      その後、質問がいくつかあったのですが、主査の先生からかなりフォローというか、

      誘導質問のような感じで、副査の先生の理解を助ける質問でした。

       

      ただ、副査の先生からの鋭い質問があり、卒業論文の題材になっている裁判の判決の主文の言い回しってどうなっていのか?

      パワポの資料の結論の部分の表現がわかりにくかったせいもあり、判決の主文の具体的な言い回しを聞かれましたが、答えられませんでした。

      主査の先生からも、手持ちの資料から見てもいいですよと言われましたが、手持ちにもなく、

      主査の先生がパソコンを取り出して、判決の主文を見せていただきました。

       

      これって、大丈夫なのか?と少し不安になりながらも、

      卒業試験は続きました。

      後は、卒業試験というより、少し雑談のような感じでした。

      自分の仕事が、卒論に関係するようなことをしているのか?など、、。

      時間は30分だったのですが、本当にあっという間でした。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.07.14 Saturday
        • -
        • 10:42
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        amazon
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM